葉酸のサプリメント

葉酸サプリメントは妊活中や妊娠中(妊婦さん)の必須アイテムです

妊活中や妊娠中はまず葉酸

妊娠や出産を意識するようになって初めて知ることってあると思います。妊娠を希望する方や妊娠中の方に、「葉酸」という栄養素が必須だということも、その1つではないでしょうか?

葉酸は、お母さんとなる方と赤ちゃんには特に大切な栄養素だけど、まだあまり知られていない。

実は、妊活中や妊娠中の方にとって、何を置いてもまず葉酸のサプリメントでコツコツ栄養摂取しておくことは非常に大切になっています。妊娠を計画している方なら全員に知っておいて欲しいことです。

『どうして葉酸がそんなに重要なの?葉酸が足りないと何がいけないの?』

もちろん、必要な栄養素は葉酸だけではありません。その中でもわざわざ葉酸が大事だと言うのは、この栄養素が、赤ちゃんの体を作る過程で物凄くたくさん消費されるものものだからです。

葉酸のサプリメントを飲まなかったからと言って元気な赤ちゃんが生まれないという訳ではありません。ただし、十分な量の栄養がなければ、あなたの体が削られてしまうことになり、様々な負担が大きくなるばかりか、出産やその後の子育てにおいてリスクが高まってしまうのです。

妊娠や出産の時期はいつもより多く葉酸を使うから、補給をしておくと安心と覚えておいてください。

葉酸が足りないと障害が出るリスク

葉酸が足りないと先天性の障害が出るリスクが上がると言われています。

葉酸を摂取することで発症のリスクを下げられる障害は、神経性閉鎖障害と呼ばれるもののうち、二分脊椎症という、赤ちゃんが脊椎を作る段階で形成不全を起こすものです。

この脊椎を作る段階というのが、非常に早い時期(妊娠4~5週目)なので、葉酸は妊娠を計画している時期から摂取しておくと良いと言われているのです。

具体的には、葉酸は最低でも妊娠の1~2ヶ月前からの摂取が望ましいとされています。

妊娠や出産を控えていなかったとしても、葉酸は普段から血液の形成に関わる栄養素でもありますので、早く摂って悪いということはありません。

だからこそ妊娠を望んだ段階、つまり妊活中は積極的に摂るべき栄養素であり、妊娠中であれば通常の食事での葉酸、プラス1日400μgほどを摂取するべきだと厚生労働省では推奨されているのです。

葉酸のサプリメントがなければ障害が出るという訳ではありませんが、妊娠中は葉酸の必要量が上がるのは事実です。そして現代の食事では、一昔前より葉酸を摂取できなくなっているという事情もあります。したがって、高齢出産による妊娠・出産のリスクも高まってしまっているのです。

なぜ葉酸はサプリメントなのか?

葉酸のサプリメントの需要は高まってきていますから、実に様々な種類の製品が発売されています。

しかし、中にはサプリメントのことをあまり良く思っていない方もいるはず。栄養は食事から摂取すべきだし、人工的に精製した栄養なんて何が混ざっているか分からない。それが赤ちゃんの体を作る材料になると考えたら、やっぱり私は出来るだけ食事で栄養を取りたいという方がいるのも頷けます。

しかし、葉酸の摂取にサプリが推奨されている理由は、通常の食事からでは量が足りないからです。

葉酸は水溶性のビタミンですし、加熱によって失われる物質でもありますから、普段の食事で確実に1日400μg以上を摂取するのは至難の技です。

ましてや妊娠の予定があるからといつもの3倍の量の食事をするのは胃袋的にも経済的にも現実的ではありません。妊娠してしまえばなおさら、つわりで食事を思うように取れないという方もいるでしょう。

このように、多くの女性が頼ることになる葉酸サプリメントですから、『安全性には気を遣っている』とはっきりアナウンスしている優れたサプリメントが必要なのです。

例えば、葉酸サプリメントに限らず、品質の良さと安全性に定評のある「ドクターズチョイスの葉酸サプリメント」は天然のオーガニック葉酸を生産しています。

これはつまり、サプリメントと言っても完全に安全な食品だと言うこと。葉酸というビタミンを満載している果実を、農薬も化学添加物もなしで作っていると言えば分かりやすいでしょうか?

葉酸サプリメントは妊娠を望む女性や妊娠中の女性には必須のビタミンです。是非ご自分の目で安全性をよくよく確認して、出来るだけ早く、葉酸を日常的に摂る習慣をつけることをおすすめ致します。

おすすめ葉酸サプリメントWEB
  •